自分史9 就職そして転職 Ⅱ

遊びたい盛り、当時の沼津行きなど「島流し」にも等しいショック。 迷うことなく転職探し。卒業校の就職相談室に行く。志望会社を 聞かれたが特になく、偶然に相談担当先生の後ろにアッタカレンダー に輸入品の計算機やタイプライターが掲載されておりカッコよく見えた。 指さして「そこの会社」と言ったら、先生が振り向いてカレンダーの 会社にその場で連絡してくれた。「すぐ面接する。」との回答。 その会社に35年間も勤務することになる。カレンダーに人生を大きく 左右された。